読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自分だけじゃない」感が大事

100%にできないのならば、できるだけ100%に近づけるのではなく、70%くらいを狙うべきである。

 

少数派に属してしまった人達の気持ちがわからないのだろうか。

仲間の数が少なければ少ないほどショックが大きいのだ。

 

失業率について

失業率の改善とか言って、失業率0%を目指しているようだけれど、冗談ではない。

0%にはできないのだから、30%くらいにすべきだ。

会社もリストラするなら、一気に30%くらいリストラして欲しい。

確かに収入がなくなる、という点でのショックは大きそうだ。

しかし、それよりも、リストラが自分「だけ」だったときにはさぞかしショックが大きいであろう。

自分以外にもリストラされた人が大勢いれば、会社の求める能力レベルが高すぎなんだなとか、業績が悪いから仕方がないな、とか思える。

しかし、自分だけがリストラされたとなると、よほど自分だけが能力が足りないと認めざるを得ないではないか。

 

・大学生の就職内定率について

自分以外にも大勢就職先が決まっていないのならば、あまりショックは受けないのではないか。

海外はもっと内定率は低くて、日本は内定率が高いから、恵まれているんだ、という意見をよく聞く。

その日本で内定を得られない人達のほうが、ショックが大きいと僕は感じる。

さらに、就職に有利なはずの高学歴な大学生(偏差値の高い大学の学生)のほうが、就職先が決まらないとショックが大きいだろう。

「高学歴」という有利な立場にいるのに、「低学歴」な大学生達に負けるのだ。

よほど学歴以外の部分が劣っていると認めざるを得ないではないか。

(実際には運などもあると思うが、劣っている可能性は大きいだろう)

就職内定率100%にはできないのだから、大学名に関わらず、就職内定率は卒業時で70%くらいに留めておいて欲しい。

 

もちろん、うまくいかなかったら即死亡、という場合には可能な限りうまくいく人を増やすべきであるが、すぐには死なないことに関しては、少数派の数は多くしておくべきだ。

 

できるだけ幸福な人を多くするのではなく、すごく不幸な人をできるだけ少なくするべきである。